アプリケーションの種類

アプリデータとは、各種携帯やスマートフォン、MIXIなどのソーシャルサイトで取り扱っているアプリケーションに関する調査データについて

具体的なデータの種類

Android Market
【スマートフォン】Android Market

2011年5月時点で有料、無料含め20万を超えるアプリケーションが提供されている。 Androidのロゴには緑色のロボットのキャラクターが使われている。このキャラクターはユーザーによって様々な名前で呼ばれており、正式名称はない。日本では「ドロイド君」と称されることが多い。

AppStore
【スマートフォン】AppStore

2008年7月10日、iPhone 3G発売と共にサービスを開始し人気を博している。iPhone・iPod touch・iPadのアプリケーションを入手する方法は公式にはApp Storeの利用のみであり、独占的な市場を形成している。世界中の開発者によるアプリケーションが登録されており、無料のアプリケーションも多い。

ドコモマーケット
【スマートフォン】d market

d marketは、NTTドコモのスマートフォン、Xperia(SO-01B)の発売日である、2010年4月1日より提供が開始された。当初の対応機種はXperiaと、Xperiaと同じOSであるandroid OSのHT-03Aの2機種のみであった。

GREE
【ソーシャルアプリ】GREE

2004年(平成16年)12月に設立されたグリー株式会社によってGREEの本格的な運営が開始された。 GREEは無料で登録できる。登録には携帯電話(au、docomo、SoftBankのいずれか)のメールアドレスが必要となる。

モバゲー
【ソーシャルアプリ】モバゲー

2008年7月2日以降、全会員を対象にパソコンやiPhone・W-ZERO3シリーズ等スマートフォンへの対応のためのPC版のクローズドβをリリースし[8][9]、7月24日からは全会員対象のオープンβに移行した。

MIXI
【ソーシャルアプリ】MIXI

2004年2月にサービス開始。同時期に開始したGREEと並び、日本では最も早い時期からサービスを展開しているSNSの1つである。 2010年3月1日より招待状無しでも参加できる登録制となったが、招待制も引き続き使用している。

au one Market
【スマートフォン】au Market

auのAndroidスマートフォンにのみau marketが提供されている。au marketは今までのau携帯電話で利用されている各アプリケーション(下記)をダウンロードすることが出来る。料金有料となっているアプリの支払いにはauかんたん決済を利用し、通信料などと一緒に支払うことが出来る。

ドコモマーケット
【i-mode】d market

iモード端末用のd marketは、2010年12月6日より提供が開始されている。iモード用のコンテンツもスマートフォン用と同様にiアプリ(アプリストア)、動画、音楽(ミュージックストア)、電子書籍(ブックストア)が中心となる。iモードのチップページより利用が可能となっている。

取り扱っているアプリ一覧はこちら
取り扱っているデータ一覧はこちら
ご相談・お問合せはこちら
 

注目のアプリ

アンドロイドマーケット
アンドロイド向けのアプリケーションの需要は・・・

アンドロイドマーケット

アップルアプリストア
アップルの・・・

アップルアプリストア

ドコモストア
ドコモの携帯アプリのd marketは・・・

ドコモストア

 

アプリ保有データ